レモンケーキ

  11, 2009 01:14
レモンケーキ 1 小さめ

久しぶりにケーキ作り^^
お気に入りの、中谷友香さんの本↓を参考。

友香さんのお菓子レシピ―おいしくって、かわいくって、作りやすい (白夜ムック―白夜書房のレシピBOOK (No.266))友香さんのお菓子レシピ―おいしくって、
かわいくって、作りやすい
(白夜ムック―白夜書房のレシピBOOK (No.266))

(2006/10)
中谷 友香白夜書房のレシピBOOK編集部
商品詳細を見る

前に少し材料を変えて作ったことがありますが、
今回はレシピ通りに^^
程好い酸味で、レモン果汁で作るアイシングが、またよく^^
会社にも持って行き、「おいしいョ」と^^
ただ、いつものごとく、不思議な現象が^^;
焼いている時、よくオーブンの中を覗きこんでいるのですが、
「おぉ、今回もいい具合に膨らんでるぅ^^」と
何も気付かず焼き続け、
いざ焼き上がり、取り出してみたら、あな不思議~
下の写真のように、真ん中(クグロフ型)の、円筒形の中でも
ケーキが焼けていたのでス^^;
多分、膨らんでいく途中で、生地があふれ?
円筒形の中に落ちていったのでせう^^;
小さなレモンケーキマフィン?も、おまけ?として焼き上がりました^^

レモンケーキ 2 小さめ   レモンケーキ 3 小さめ  

関連記事

ヨーグルトサワーブレッド

  06, 2009 01:04
ヨーグルトサワーブレッド 2 小さめ  ヨーグルトサワーブレッド 1 小さめ

 10日ぶりのblogでス^^
 こんなに日が過ぎていたなんて、と、自分がちょっと驚いて?いまス^^;
 今、家の外構、というのでしょうか、門周り等をリフォームしていて、
 なぜかmy room等もいろいろ配置換えをしたくなり^^
  (my roomだけでなく、自分専用の小さなkitchenもいじりたく?なり^^;)
 あれこれ思い巡らしているところでス^^

 会社で、ケーキ作りの事を話していた時に、
 「パンを作ってみたら?」と。
 ケーキだと、日持ちが短かったりして、
 でも、パンだと長いから(そうなのかナ?)、という理由。
 というより、ケーキよりパンが好き、ということでせう^^;
 いつかはパン作りも、という漠然とした思い?はあるのですが、
 ちょっとパンに近いもの?を作ってみることにしました。
 参考にしたのは、下記、本の中の『ヨーグルトサワーブレッド』

型(パウンド)はひとつ!大好きな焼き菓子―パウンド型だけで51のバリエーション (Gakken hit mook)型(パウンド)はひとつ!大好きな焼き菓子
 ―パウンド型だけで51のバリエーション (Gakken hit mook)

(2005/10)
大森 いく子
商品詳細を見る

 焼き立てがおいしいブレッド、と書かれてあったので、
 すぐ食してみたら、おいしく、あっという間に食べられてしまいました^^
 スコーンに(味が)似ているネ、と。
 粉の味?がして、粉が大事、とどこかで聞いたことがあるのですが、
 「確かに」って思いました。
 …焼き立てのブレッドの形がいびつ?でス^^;
  生地がきちんとまとまらないまま、型に入れてしまったからでしょう^^;…

夏みかんマーマレード作り^^ 1 小さめ
 
 ↑ は、今年も会社に生っていた無農薬の夏みかんをマーマレードにしたもの。
   …作ったのは5月でし…
 この、琥珀色に輝いたマーマレードが、またおいしく^^ 自画自賛^^;
 たくさん出来たので、近いうちに友人におすそ分けしようと思いまス(*^^*)
 
関連記事

シフォンケーキ作り…苦戦中^^;

  26, 2009 21:47
豆乳入りシフォン 1 小さめ 豆乳入りシフォン 2 小さめ

 「桜シフォン」を作ってから、
 また なかしましほさん著
 まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本 の中の、
 「豆乳の"もっちり"シフォン」と
 「レモンの"しゅわっと"シフォン」を作ってみたのですが、
 見事に失敗してしまいました p(・・,*) グスン 

 豆乳入りの方は、焼き詰まりの層が約2cmくらいに、
 そしてレモンの方は、語るのも空しいくらい、いろいろな症状?が出て…
 「どうしてかなぁ?」と、
 みなの意見など、いろいろ聞いて、
 もう一度、プレーンな、基本のシフォンを焼いてみたら、と。
  豆乳入りもレモン入りも、基本のシフォンだったのですが…^^;
 桜シフォンの時の、桜の塩漬け無しで、
 お砂糖は上白糖に、油は菜種油にして、
 そして、原因ははっきりわからないのですが、
 とにかくメレンゲをきちんと作って焼いてみました。
 それが下の写真です。
 大きな穴が…これは卵黄生地とメレンゲがきちんと混ざっていないのに、
 混ぜすぎるのが怖くなって、メレンゲの塊があるのを知っていながら、
 そのまま焼いてしまったから^^;
 でも、なんとなく、最初の「桜シフォン」のように焼けた気がしたので、
 再度「豆乳入りシフォン」に挑戦。
 豆乳は、豆乳飲料 抹茶を使用。
 焼きあがったのが、上の写真2枚です。
 型からの外し方が上手に出来ていませんが^^;
 もっちり、しゅわっ、のシフォンを焼くことが出来ました^^
 シフォンケーキばかり、5回も続けて焼いてしまい^^;
 気持ちは、もっともっと焼いて、上手になりたい!思いで一杯なのですが、
 他のお菓子も作りたくなってきたので^^

   プレーンなシフォン 1 小さめ

関連記事

無事 帰還^^

  25, 2009 01:36
スペース・シャトル アトランティス号が少し前(0:40分頃)に無事、帰還しましたネ^^
                (NASA TVを見ていました)
ハッブル宇宙望遠鏡の修理の様子も時々見ていて、
この補修で2014年までの観測が可能になった、とのこと。
ただ、私は、修理の方よりも、
背景に映し出されている「地球」に目が釘付けになっていました^^

そして、ISSでの、若田光一宇宙飛行士の日常生活や、
「おもしろ宇宙実験」のビデオライブラリも、
難しいことの苦手な私には、
とても楽しく、興味深く見ることが出来ます^^

最近、少し気になったのが、
月周回衛星「かぐや(SELENE)」が、
運用を終えて6月11日に月面へ落下させる、というニュースで、
どうして、地球(日本)に戻さないのでしょう?と。

まとまりのない文面になってしまいました^^;
おやすみなさい o( _ _ )o...zzzzzZZ
関連記事

桜ストール^^

  21, 2009 12:32
   20090521012600cf6_20130219022315.jpg

    これは、今年のお花見の頃に間に合うよう、
    3月頃、必死に?編んでいたストールでス^^
     (ギリギリ間に合いました)
    小さめのモチーフを編みつなげていったので、
    母の、藤色ストールの時と同じように、糸の始末が大変でした。

   桜ストール 5 小さめ

    桜の花、と分かるように、
    花弁の数を5枚にしたかったのですが、
    平面に?なるよう、五角形でつなげていくのは、
    ちと難しく^^; 六角形で^^

 使用した糸は、ウイスター プレミアム レース糸 ソフティーラメ。
 参考にしたのは、こちらの本↓
 
素敵なレース編みベストセレクション40素敵なレース編みベストセレクション40
(2004/02)
雄鶏社
商品詳細を見る


関連記事

New Zealand のお土産^^

  20, 2009 23:39
ニュージーランドphoto 1 小さめ  ニュージーランドphoto 2 小さめ
ニュージーランドへ(1週間)旅行してきた、知人からのお土産をupしまス^^
ニュージーランドはいつかは行ってみたい、憧れの国の一つですが、
ここでちょっと告白^^;
高所恐怖症の為^^;未だ飛行機に乗ったことがなく、
いつか宇宙から地球を眺めたい、という願いも、
「りんには無理でしょ」と即座に言われるくらいで^^;
それでも夢は持ち続けるのでス^^
話が逸れてしまいましたが。
左上は、ワカティプ湖(Lake Wakatipu) で、ニュージーランドで3番目に大きい湖とのこと。
右上は上空からの写真のよう^^;
他にもいろいろ写真をいただいたのですが、
大自然の素晴らしさ、美しさが伝わってきます。
そして下(黄緑色のもの)は「キウイスプーン」と言われるものらしく、
その名の通り、キウイを食べるための道具?で、
頂いたからには使わせていただきましょう、ということで、早速キウイを購入。
とりあえず包丁で半分に切ってから、
ギザギザしている方でソギソギ?し、
(ふと、シフォンケーキの、シフォンナイフによる、型からの取り出し、を思い出し?^^
 リンカーンの演説調になっていまス^^;)

反対側?のスプーンの様になっている方ですくっていただきました。
 …使い方、合っているのでせうか^^?…
多分、ギザギザしている方でキウイを半分に切るのでしょう…^^;
ウフッ、ニュージーランドを満喫! そんな訳ありません(爆)
ニュージーランドお土産 キウイスプーン 1 キウイスプーン 1 キウイスプーン 2

そして下(左、中央)は、
キウイバード(ニュージーランドの国鳥)の卵をイメージしたアーモンドチョコ。
ちょっと調べてみたら、キウイバードが産む卵の大きさは、
メスの体重の20%という大型らしく、
このチョコとはかなりイメージがかけ離れているようですが^^;
フタをあけたら巣箱、になっているところがかわいらしいですネ^^
そして右下は、カマヒ蜂蜜(KAMAHI HONEY)
カマヒはニュージーランド全域の低山地帯に自生する常緑樹で、
11月から1月にかけて白い花房を満開に咲かせます。
優雅な花をつける高さ25mにもなるカマヒを、
ニュージーランドの先住民マオリは
「幸福の樹」と呼んで大切にしてきました。

という説明があります。
まだ味わっていませんが、そのうちにゆっくりと…^^
その他にもいろいろとお土産、どうもありがとう(*^^*)
キウイ チョコ 1  キウイ チョコ 2  カマヒ蜂蜜 1
関連記事

母の日に

  14, 2009 09:06
  母の日に 1 小さめ 母の日に 2 小さめ

 先日「母の日」に、
 藤色の、モチーフつなぎのストールと、お花(右下)を^^
 ストールは、約半年かけて^^;編みつなげたもの。
 私の編み物スケジュール?は、
 一つの作品(ニットワンピ等)を編み上げたら、
 1週間から10日ほど、小物タイムなるものを取り、
 その間に、プレゼント用などを編みます。
 モチーフつなぎは、糸の始末が大変で^^;
 でも、仕上がると、達成感と嬉しさでいっぱいに^^
 喜んでもらえるのが、なにより嬉しいでス(*^^*)
 参考にしたのは、
 『レース編み モチーフつなぎ』
  昨年の秋頃、同じモチーフつなぎで、
   段ごとに色を変えて編んだものがあり、
   こちらはもっと糸の始末が大変でした^^;(左下)

 使用したのは、エミーグランデ。(オリムパス レース糸)

  モチーフつなぎ 1 小さめ 母の日に 3 小さめ
関連記事

まだ余りしもので^^;

  09, 2009 00:21
桜シフォン 1 小さめ 桜シフォン 2 小さめ

 余りしもの…桜の塩漬け^^;
 ずっと作ってみたいと思っていた、シフォンケーキ。
 でも、簡単なものをよく失敗する私なので、先延ばし?にしていましたが、
 ここ1ヶ月、作りたくて、うずうず?していて^^;
 いろいろな本を見、材料を揃え、
 「さぁ、作るぞぉ!」
 なんなのでしょう、
 気持ちが高揚?していて、そのせいでしょうか、ナント!
 薄力粉を入れ忘れたまま、卵黄生地と、メレンゲを混ぜようとしてしまい(爆)
 あんなに頭に作り方を叩き込んで、
 しかも目の前にしっかり薄力粉があったのに…
 もうダメ…?
 でも、まだ卵黄生地をメレンゲの中に入れただけ…^^;
 まだ間に合う!(なにごともあきらめないこと!^^;)
 その上にふるいながら薄力粉を入れ、
 さっくりと混ぜて焼いてしまいました^^
  …こんな間違いをするのは、きっと世界中で私だけ…
 35分程焼きましたが、その間、何度もオーブンの中を覗き込み、
 膨らんでいく様子を見た時は、ホッとしたものの、取り出すまではわからないから。
 焼きあがって、すぐに逆さにし、
  …この、逆さにするのも初めてで、おもしろく見守っていました…
 冷ましてから、シフォンナイフなるもので、そぐように型から外してみました。
 が、外し方もちょっと失敗しています。
 底の、真ん中に近い部分が、きれいにそがれていなかったようです。
 でも、母曰く。
 「剥がれて?いる方が素敵に見えるョ」だなんて、
 なんてありがたい?コメントでせう^^;
 そして、いざ試食タイム^^
 ふわっしゅわっ、としていて、おいしく^^
 ただ、右の写真を見てもわかると思いますが、
 下の方(焼いていて、底の部分ではなく、上の、膨らんでいる方)が、
 5mmぐらい、生地が詰まっているような感じです。
 何か原因があるのでしょう。
 なかしまさんの本に、
 「ふんわりした生地、ぎゅっと詰まった生地の二層に分かれてしまうのは、
 メレンゲがやわらかすぎたから。
 卵黄生地と混ざり合わず分離してしまった証拠」と書かれてあります。
 ちょっと(どころではありませんね^^;)大きくうなずいてしまいました。
 またいつか挑戦、ですネ^^
 この「桜シフォンケーキ」作りも、
 なんだかんだといろいろありましたが、
 憧れていたケーキだったので、
 嬉しくて、そして楽しかったでス^^
 翌日、会社へ持って行き、みなに食べていただきました。
 こちらも意外に?好評でした^^
 
 参考にしたのは、こちらの本。↓
まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本
(2008/10)
なかしま しほ

商品詳細を見る

 てんさい糖は、家にあったきび糖に、菜種油も、家にあった米油に変更。
 ぬれ甘納豆は入れずに作りました。


 久々に晴れて、今夜は月がきれいです。
 あと1時間ほどで「満月」らしく^^
 そして、今も、ISS(国際宇宙ステーション)では、
 若田光一宇宙飛行士が任務を遂行しています。
 JAXA(ジャクサ)宇宙航空研究開発機構も、よく訪れますが、
 「若田光一 宇宙ブログ」や、野口総一さんの、「宇宙日記」も度々訪れています。
 若田さんの、2009年5月5日の「鯉のぼり、宇宙を泳ぐ」は、
 ほのぼのとして、あたたかな思いが伝わってくるようで…
 宇宙で鯉のぼりが泳いでいる写真は、
 有史以来(ちと大袈裟^^;)初めてですよネ(*^^*)

関連記事

あれから4年が過ぎ

  05, 2009 23:28
5度目の春を迎えています。
あの日は、初夏を思わせるようなお天気で、
そんな中、あなたはお仕事をしていて…
届かなかった想い…
今日は一日中、静かな雨が降っていました。
あの頃に植えた、サフィニアの苗は、
毎年、次々に花を咲かせています。
いろいろな想いはあるけれど、
今更ながらに思い知らされること、
あなたの存在の大きさ…
ひょうきんで、ユーモアがあって、
からかわれたり、負けじと私もいたずらしたり…
あなたのギターと、私のピアノ、歌のコラボは、
とっておきの思い出です。
未だにわがままな私のままで、
「相変わらずだなぁ」って、宙で笑っている?
この広い宇宙の中、
いつかきっとあなたにまた会えると…
関連記事

ココアケーキ 金柑入り^^

  04, 2009 12:53
ココアケーキ 金柑入り 3 小さめ ココアケーキ 金柑入り 3 小さめ

久々に、長方形のタルト型を使った焼き菓子を作ってみました。
金柑のマーマレードと蜜煮を、すべて消費したかったからでもありますが^^;
生地の中に金柑マーマレードが混ぜてあり、飾りとして蜜煮を中央に並べました。
が、蜜煮の汁気をとっていなかったので、ちと沈み気味^^;
マーマレードも、トロっとしていたからでしょうか、
その分生地がしっとりと^^; (これでいいのかナ)
マーマレード入りブラウニーのような感じに仕上がりました。
下に、おこがましいですが、作り方を書き留めておきます。
(前に、似たようなケーキを作ったことがあるので、それを参考)

長方形タルト型(底取)1台分  約 縦24cm×横10cm×高2cm
 バター … 60g
 砂糖  … 50g
 卵   … 1個
 生クリーム … 15g
 薄力粉 … 40g
 アーモンドプードル … 40g
 ココアパウダー … 大さじ2
 ベーキングパウダー … 3g(小さじ1)
 金柑マーマレード … 100g
 金柑の蜜煮 … 適宜
 アーモンドスライス … 適量
    型用のバター、薄力粉は適宜
 
 下準備
  バターと卵は室温に置いておきます。
  型の内側にバターを薄く塗り、薄力粉を薄くまぶしてから、
  冷蔵庫で冷ましておきます。
  アーモンドプードルと薄力粉、ココアパウダーは、
  目の粗いこし器でふるっておきます。
  オープンは180℃に余熱しておきます。
  
  ① ボウルにバターを入れ、泡立て器で、空気を含ませるような感じで練ります。
  ② お砂糖を少しずつ分けて入れ、その都度よく混ぜます。
     (ふんわりと白っぽくなるまで)
  ③ 卵を溶きほぐし、こちらも少しずつ分けて入れ、
     その都度空気を含ませるような感じでよく混ぜます。
  ⑤ 卵がなんじだら、生クリームを一度に加え、よく混ぜ合わせます。
  ⑥ ふるっておいた粉類(アーモンドプードル、薄力粉、ココアパウダー)を
     2~3回に分けて加え、 ゴムべらで切るように、さっくりと混ぜます。
     金柑マーマレードも入れ、、粉類にからませるように混ぜます。
     粉っぽさがなくなれば生地の出来上がりです。
  ⑦ 型に生地を流し入れ、ゴムべらで平らにならします。
     アーモンドスライスをのせ、中央に金柑の蜜煮を並べます。
  ⑧ 180℃のオーブンで25~30分くらい焼き、
     竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がりです^^ 
     型から取り出して、ケーキクーラーに乗せて冷まします。


       cat029.gif
関連記事

What's New