ガレット・シャランテーズ

  30, 2009 13:08
柿で ガレット・シャランテーズ 1 小さめ

あまり聞いたことのない名前のお菓子ですが、
「柿」を入れたお菓子を作ってみたいナ、と思い、探していた時に、
「この生地は、なんとなく柿と合うのでは^^?」と。
決め手?は、書かれてあった
「しっとりした風合いのとても素朴シンプルな味わい」^^
下記の本にレシピ等、書かれてあります。

お菓子作りのなぜ?がわかる本お菓子作りのなぜ?がわかる本
(2001/09)
相原 一吉
商品詳細を見る

la galette charentaise と書くのでしょうか、
フランス・シャラント地方の料理の本で見つけられたお菓子のようです。
シャラント(Charente)地方は、バターが有名なのでしょうか。
エシレバター』の故郷も、この地方のようです。
エシレバターをまだ使ったことはありませんが、一度味わってみたいです^^

未だに私の中で「なぜ?」の多いお菓子作りですが^^;
少し、この本から引用させていただきます。

 卵と砂糖を泡立てて、次に粉を加えてよく混ぜてしまいます。
 普通ならば、ここに溶かしバターを加えるところなのですが、
 なんと、やわらかく練ったバターを加えるのです。
 卵+砂糖+粉を混ぜた状態が、
 クリーム状のバターと同じやわらかさだから、
 うまく混ざり合うのでしょう。

柿で ガレット・シャランテーズ 2 小さめ

本に書かれてある半分の材料で作ってみました。
いつものように少し変更しているところが^^;
オレンジが無かったので、レモンだけで。
オレンジの花水、なるものも無かったので、グランマニエで。
そして、仕上げ用のグラニュー糖を、
冷凍保存してあった、クランブルにして作りました。
半分の材料で、高さ約3cm、直径約11cmのタルト型、2台分出来ます。
1台は普通?に…下の写真…、そしてもう1台を柿入りにしてみました。
 (柿の方は、スライスアーモンドもトッピングしました)
焼き時間は、普通^^;が約30分、柿入りが約50分で。
柿は、ペーパータオルで水気を取ったのですが、
ちょっと柔らかくなった頃のものだったからでしょうか、
焼いている時、後半あたりで、柿汁が型からあふれ出し…^^;
その為か、普通に焼いた方より、生地が少ししっとりしていました。

ガレット・シャランテーズ 1 小さめ

このお菓子は、書かれてあるように、まわりはしっかり、
でも、食感は、しっとりしているようで、さらっとしていて(解りますか^^;?)
今まで作ったことのないおいしさを感じました。
他のフルーツ等でも、きっと合うと思います。

ガレット・シャランテーズ 1 小さめ
関連記事

昨夜の星空を

  28, 2009 01:19
ご覧になりましたか^^?
月の下に、木星が輝いていました。
月のかけらが零れ落ちたかのよう…

10月30日は、十三夜(栗名月)。
毎年、栗名月を見ることはなかったのですが^^;
なぜか今年は眺めてみたいと…^^
関連記事

コースター ♪

  28, 2009 00:07
コースター 1 小さめ

「祝!念願のマイホーム新築おめでとう 」^^ 
ということで、友人宅へお邪魔しに行きました。
  …9月に伺う予定が、様々な理由で10月に^^;…
2人でお祝いの品を持参しましたが、
それと一緒に、ちょっとしたものを^^
8月頃に「祝!1人暮らし」で、ドイリーを編んだように、
何か作りたくなり、
今回は、コースターを編んでみました。
ドイリーをプレゼントした時は、すべて違う模様にしましたが、
今回のコースターは5枚、模様をすべて同じに^^
贈り物をする時、やはり、いろいろ迷います。
編み物が好きなので、作ってしまいますが、
手編みのものは、その人にとってはどうなのかナ、とか…
でも、気持ちを込めて出来ることは、私にはこれかナ、と思うので^^
前回と同じようなラッピング?になってしまいましたが、
実は、一緒にお祝いに行った友人が、1人暮らしを始めた友人だったので、
なんかしら(ドイリーの時と)似たような感じがいいかナ、と勝手に判断して^^;

高台にある、静かな新興住宅街のようで、
「○○の花火も、☆☆の花火も見えるし、
 夜景もとてもきれいよ」
その人のマイホームに辿り着くまで、
ちょっと道に迷ってしまったのですが、
その時に見えた眺めが素晴らしくて…
 私の住んでいる所も、ある意味「高台」ですが^^;
よい環境のようで、
お子たちも、きっと伸び伸びと育っていかれるのでは、と。
心から、おめでとう。良かったネ(*^^*)という気持ちでス^^
実は、その人が私たち2人に用意してくれていたものがあり、
頂いて、なにかしら、恐縮してしまいました。
気を遣わせて、ごめんネm(_ _)m

このコースターは、下記の本に掲載されています。
直径は約12cm、本と同じ、オリムパス・エミーグランデで編みました。
中央部分や、周囲が、
たくさんの長編みで編み込まれているからでしょうか、
しっかりとした感じのコースターに仕上がりました。

今すぐ編みたい!小さなレース―はじめての方でも簡単に作れます! (私のカントリー別冊)今すぐ編みたい!小さなレース
 ―はじめての方でも簡単に作れます!
   (私のカントリー別冊)

(2004/02) 主婦と生活社
商品詳細を見る




追記…また、過去記事に「拍手」をいただきました^^
    どうもありがとうございます。 
    こんなことで、と思われるかもしれませんが、
    拍手に気付いた時は、本当に嬉しくて、
    パソコンの画面に向かって、「ありがとうございます」と、頭を下げていました^^;  
    きっと、コメント等もいただいたら、また違う感じ?で嬉しいのかもしれませんネ^^
    ただ、前にも書きましたが、
    不可思議なコメントが続いたことがあり、
    それだけではなく、
    きっとお返事することが出来ないかも、と思うと、
    やはり、ただただ、書き留めていくだけにしたい、と。
    訪問して下さった方々、本当に、どうもありがとうございますm(_ _)m

    
    
関連記事

千住真理子さんの奏でる音色

  25, 2009 11:33
最近購入したCD、千住真理子さんの『詩曲/チゴイネルワイゼン』

チゴイネルワイゼンチゴイネルワイゼン
(1987/05/21)
千住真理子
商品詳細を見る


前にも少し書きましたが、
以前、「序奏とロンド・カプリチオーソop.28(サン=サーンス) 」の曲を探していて、
千住真理子さんが録音されているのも知っていたのですが、
その頃、Amazon で探しても無く、
偶然知った Joshua Bell (ジョシュア・ベル)氏のCDにその曲があったので、
ベル氏の演奏をずっと聴いていました。
でも、千住文子さんの『千住家の教育白書 (新潮文庫)』を読んでから、
やはり聴いてみたく、随分前の録音ですが、
それでもいいと思い、探したら、ありました。
ずっと、ベル氏の音を聴いていたためか、
最初、ちょっとすんなり入ってこなくて、
若い頃の、勢いがあるからでしょうか、
少し、オーケストラとあっていない、というのでしょうか、
でも、深みのあるヴァイオリンの音色に、
だんだん引き込まれるようになりました。
最近は、my carでも、何度もこのCDを聴いています。
「チゴイネルワイゼン」、「タイースの瞑想曲」、「G線上のアリア」は、
中学生の頃、大好きだった曲。
その後に知った「詩曲」、今はすべて好きです。
時々思うのですが、
その人の事(物事など)を、何も知らないで聴くのと、
いろいろな背景などを知ってから聴くのとでは、
受け止め方、感じ方が違っているような気がします。

こちらに、千住真理子さんのインタビュー記事があります。
ある、大きな壁を乗り越えられたからこそ伝わってくる、
希望や勇気、真心、
心の奥に、決して消えることのない想いを、
ヴァイオリンの音色を通して、語りかけていらっしゃるのだと思います。
この記事を読んで、
ストラディヴァリウス/デュランティでの演奏、『カンタービレ』も聴いてみたくなりました^^

カンタービレカンタービレ
(2008/05/14)
千住真理子
商品詳細を見る




 差し出がましいことかもしれませんが、少し気になってしまったので、
 ここに書き留めます。
 千住さんのCDを Amazon で購入したのですが、
 楽曲詳細はいいのですが、
 曲目リストが全く違っているので、訂正していただけたら、と^^;
 Amazon 関係者の方、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
関連記事

パンプキン シフォン

  23, 2009 01:20
    パンプキンシフォン 1 小さめ

    かぼちゃでシフォンを作ってみました。
    なかしま しほさんの本を参考に作っています。  
    少し、材料を変更したところがあり^^;
    卵黄4個分を、3個分に変え、
     (ここでサプライズ?^^
      卵1個に2つの卵黄が^^双子ちゃんでス。
       合計すると結局4個という^^;)
    かぼちゃの皮と、胡桃は入れませんでした。
    薄力粉と一緒に、シナモンを少し入れてみました。
    いつも、焼き詰まりが気になって、
    温度設定が原因なのかナ?とか、
    それとも卵白の量が足りないのかナ?と、
    いろいろ考えますが、未だ解らずp(・・,*) グスン
    卵黄生地を作っていて、かぼちゃを混ぜていたときに、
    すごく重い?感じがして、
    実は豆乳の量を大さじ1くらい増やしてしまったのですが、
    もしかして、それが原因がどうかわかりませんが、
    今回も結局、焼き詰まり^^;
    シフォン作りは、奥が深いのでしょうか、
    まだまだお勉強しなければいけませんネ^^
    そして、
    シフォンケーキの「手はずし」に初挑戦してみました。
    「上手に焼けていなければ、きれいにはずせないかもしれないョ」
    人の声? 心の声? 天の声? (すべての声が聞こえてきたような^^;)
    でも、何かしら今回は「やってみたい!」という思いが強くて。
    ドキドキ^^
    側面はなんとかはずせたような。
    そして上(焼いている時は底の部分)は、
    途中までよかったのですが、
    ふと「はずせないかも」と思ってしまって、
    ナイフを使ってしまいました。
    ので、とても複雑な?画像↑^^; 
    見ようによっては、ちょっとしたかわいい飾り…に見えてくれれば(^^;
    
    パンプキンシフォン 2 小さめ
    
    お味は、実はなんかしらよく解らなかったのでス^^;
    つぶつぶのかぼちゃは、かろうじて?見えているのですが…^^;
    もう少しかぼちゃ色?していてほしかったかナ^^
    やはり、本にあったように、かぼちゃの皮も入れた方がよかったですネ^^

    シフォンケーキが上手に焼けるようになりたいでス^^

まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本
(2008/10)
なかしま しほ
商品詳細を見る


関連記事

オリオン座流星群

  22, 2009 02:35
12時ちょっと過ぎくらいから、ずっと夜空を見上げていて、
一度だけ、きっと、あれは、オリオン座流星群の流れ星…
オリオン座の下を、すーっと流れていきました。
               (50分ほど前です)
昨夜も星空が広がっていましたが、
20分ほどしか見ていなかったので、一度も流星は見れませんでした。
もう少し見ていようと思います。
まだ見ることが出来ないでいる人も、
あきらめなければきっと見ることができまス(*^^*)ナンテ
今、観測している人も、
やはり冷えるので、
寒さ対策をしっかりして、気をつけてください…と心の中で願いつつ…☆



追記(夜)…流れ星を見ることが出来たのは、結局1個だけでした^^
       この、オリオン座流星群のことを、ここに少し書き留めておきます。

       国立天文台によると、流れ星は
       宇宙にある直径1ミリから数センチのちりの粒が
       地球の大気に飛び込み、摩擦で高温になって光る現象だ。
       オリオン座流星群は流れ星が飛びだすように見える方向に
       オリオン座があるから、その名がついた。
  
       オリオン座流星群の元は、
       ハレー彗星(すいせい)が放出したちりの粒という。
       国立天文台の計算では、
       地球の軌道がおよそ70年に1度のペースで、
       このちりの流れと交差する。
       2006年から数年間がその時期に当たり、
       ことしも条件が良ければ1時間に数十個という出現が期待されている。
            …以上 信濃毎日新聞(信毎web)より…
 

 追記(その2^^;)…22日の夜(23日、a.m.2:40頃、星を見てから眠りましょ、
           と思い、見ていたら、また流れました^^)
      


     … 拍手を、どうもありがとうございます (*- -)(*_ _)ペコリ
       とても嬉しく思います ^^ …

関連記事

絲印煎餅…いといんせんべい…

  20, 2009 00:10
   絲印煎餅(いといんせんべい) 1 小さめ
    先日、三重県の鳥羽の方へ遊びに行かれた人からいただいたもの。
    せんべい、と書いてありますが、
    ふっと甘い香りがして、
    バリバリッ、ではなく、さくっ?とした、 
    軽くて、少し甘味のあるお菓子のようです。
    焼きつけてある模様?(印)がおもしろくて、パシャリ。
    下記のような説明書が入っていたので、書き留めておきます。

  絲印の由来
   絲印とは、室町時代以降、当時の中国からわが国に輸入された生糸に、
   添付されていた銅印(どういん)のことをいい、
   小さな鈕(ちゅう)のついた印である。
   この輸入生糸の一荷(いっか)には、必ず銅印一個をつけ、
   わが国に到着したのちその斤量(きんりょう)をあらため、
   受領証書にこの印を押して、取引の証(しょう)とする、優雅な風習があった。
   しかも、一荷毎につけてある印は、印面も、形も、それぞれ異なり、
   印文(いんぶん)も取引用語を抜きにして、弄花吟月(ろうかきんげつ)、
   愛春惜秋等(あいしゅんしゃくしゅうとう)の風流語や、
   判読しにくい謎のような文字、絵、文様などが風雅に表されていた。
   また、鈕には人物、動物等を鋳出(ちゅうしゅつ)し、意匠も種類も雑多で、
   明時代の精巧な鋳金術をそのままに、
   小さいが当時の工芸美術品の代表的なものと、世界に誇ることができる。
   太閤秀吉もこの絲印を愛し、
   公文書に押す自らの朱印も幾つか秘蔵していた中の、
   最珍品を用いたと伝えられている。


   『糸印』←こちらにもいろいろ書かれてあります。
   そして、この「絲印煎餅」は
   おかげショップ~おかげ横丁オンラインストア~でも購入することが出来るようでス。
関連記事

金木犀…きんもくせい…

  19, 2009 12:47
 金木犀 1 小さめ

            事務所で窓を開けていたら、
            そこはかとなく甘い香りが…
            
            二年ほど前、
            バサッと(庭師ではない方が)剪定してしまい、
            あまりの姿に…
            でも、金木犀の生命力、ひたむきさ?
            「生きる」ということを
            決してあきらめない…
            知らない間に新しい枝を伸ばし、
            こんなにたくさん花を咲かせて…
        
     金木犀 2 小さめ


                引き出し?猫^^ 2 小さめ 
                     で、なぜに猫?^^;
関連記事

pumpkin pudding(かぼちゃプリン)

  16, 2009 13:17
     pumpkin pudding 1 小さめ

     『かぼちゃプリン』のレシピを参考に作りました。
     豆乳が200mlしかなく、他の分量は変えずに作ったからでしょうか、
     ちょっと硬めの、かぼちゃプリンになりました^^;
     この分量で6個(studio m'…スタジオ エム…のココット)出来ます。
      (1個は、お毒見?していただいた為、写っていません^^;)
     ハロウィン当日に、何も作れないと思うので、
     それまで、ちょこちょこと作ってみようと^^

     このランチョンマット?なるもの、実は「手ぬぐい」でス^^
     お気に入りのうつわ屋さんに、
     素敵な柄の手ぬぐいが、額に飾ってあるのを見た時に、
     「わぁ、これ、いい^^」  
     そう思いながら、日が過ぎ…^^;
     未だ額なるものもありませんが^^;
     「手ぬぐいアート」というのでしょうか、
     いろいろな絵柄を見ているのも楽しいでス^^
     食欲の秋、芸術の秋を食卓で…?(*^^*)
関連記事

宇宙での、ぺんぺん草の成長

  15, 2009 00:07
ぺんぺん草→シロイヌナズナのこと。
ISS「きぼう」船内実験室で、
植物長期生育実験(Space Seed)が進められている、とのこと。
10月13日夜には、生育中のシロイヌナズナの短期収穫が行われたよう。

微小重力環境における高等植物の生活環
↑ちょっと難しそうな印象を受けがちですが^^;
読んでいくと、そんなことはなく、とても興味深いことが書かれてあります。
ここがポイント!」では、
60日間の、宇宙でのぺんぺん草の成長の映像を見ることが出来ます。
見ていると、なにか普通に?育っているようで、
「えっ?」という感じだったのですが、
「植物の茎にはほかにも、
光の方向に向かうという性質(正の光屈性)があるから、
たとえ微小重力でも光があれば、茎はその方向に向かって伸びていく」
    -【宇宙実験サクッと解説:Space Seed編】より-
を読んで納得^^
シロイヌナズナを選んだ理由、
「高等植物の中で
最も早く全ゲノムが解読された、という点も理由の一つですね」
というところを読んで、
いろんなことがどんどん解明されていることにも驚き、
2003年4月14日に、ヒトゲノム全配列解読完了、の発表があった時も、
すごい!と思いながら、
解読完了したからと言っても、
まだ、「人間」というもの、未知の部分が多く、
人間とは、とか、宇宙は、とか、
まだまだ、更に謎?が深まっていく不思議さ。
私など、ほとんど知識がないのですが^^;



この間の、大型台風が過ぎ去ってから、涼しくなり、
夜空の星々も、きらきら輝いています。
「今の時期、木星は一番星ですよ」…中日新聞、10/11 こどもタイムズより。
日没後の、南東の空を見上げると、ひときわ輝いています。
ガリレオの夕べ (10月22~24日)
世界天文年2009の世界企画の一つだそうです。
およそ400年前、1609年から1610年にかけて
ガリレオが望遠鏡で月や木星を見たときの驚きを、
世界中の人々に体験してもらいたいという思いから、
このように名付けられた、とのこと。
私は、身近なところでごく普通に?星空を眺めているだけでしょう…^^
場所は違っても、同じ星空を見上げている、
それだけでも意識は、いつもとは違ってくると思います。
関連記事

What's New