category: 器  1/2

西端 春奈さんの器 … 其の五

      庭に今、「クレマチス」が咲いています。    … テッセン(鉄線)・カザグルマ(風車)とも言いますネ …   大好きな花なので、   西端 春奈(にしはた はるな)さんが描かれた、   こちらの器に出合ったときは、とても嬉しく ^^ 今が出番! ^^; とばかりに、 トマトソースのパスタを作って、盛り付けてみました。  … 余談ですが、トマトソースは自分で作っていますョ ^^ … 実際は、季節に関係なく、 ...

  •  -
  •  -

西端春奈さんの器 … 其の四

 春の訪れを告げてくれるという 『ネコヤナギ』  ~ ネコヤナギは、柔らかい毛で覆われた花芽が、    猫の尾に似ていることからこの名が付いたとされます ~ 西端 春奈(にしはた はるな)さんが作陶された器です。 ふわふわとした感じの、 銀色の綿毛に覆われたネコヤナギは、 テレビや写真でしか見たことがありませんが、 この器を見ていると、 春の足音と共に、何かしら伝わってくるよう …      この「ネコヤ...

  •  -
  •  -

 昨日(7/26)は「土用の丑の日」  会社の昼食タイムは、皆で鰻を、ということで食べ^^ 夕食は家でまた、鰻…^^; 昼も夜も「鰻」は、さすがにちょっと…ムリ^^; という事で、今夜の夕食に回しました^^;  それでも連日は、やはりちょっとキツイ感じが^^;この器は、前に書きました、西端大備(にしはた だいび)氏の器で、こちらは、線文鉢です。この線文鉢は、ひと目見た時から、「土用の丑の日に、うな丼として使いたい」と...

  •  -
  •  -

西端春奈さんの器 …其の三

  久しぶりに、西端 春奈(にしはた はるな)さんの器を^^   …西端春奈さんの器の事は、こちらとこちらにも書き留めてあります… この器に描かれている花、 ヤマボウシ(山法師)は、今の時期に咲く落葉高木。 私がこの花を知ったのは、実は、春奈さんの器に出合ってから^^; 器から、優しげな、それでいて、凛と咲いている感じが伝わってくるようで。 実際に咲いているところを初めて見たのは、2年前。 とある?道の駅で...

  •  -
  •  -

西端大備氏の器

             西端大備(にしはた だいび)氏の器                   ~線文皿~  西端大備氏の器は、この線文皿しか持っていませんが、不思議に惹かれる器です。  この、藍色というのでしょうか、深い海の色。 そして、そこに描かれる白い線文。 波間を漂い、ここに辿り着いたの?と^^ とてもモダンな感じでありながら、 古来から、ひっそりと受け継がれてきたのでは、という気さえします...

  •  -
  •  -

西端春奈さんの器 其の二

西端春奈(にしはたはるな)さんの器の中で、草花を描いたものに、とても心惹かれています。 …西端春奈さんの器の事は、こちらとこちらにも書き留めてあります…その中で、今の季節に合ったものを up してみます。上は『桜』器の中に描かれている桜なのに、なにか、器の向こうに、そよそよとした風に吹かれながら、咲き乱れている桜が見えるよう…  ↑ こちらは『梅』です。梅の表情がかわいらしく^^ 土のぬくもりと、 日本の風...

  •  -
  •  -

飴釉鎬(あめゆうしのぎ)の器

                 宇田 康介(うだ こうすけ)氏の器               ~飴釉鎬豆鉢~              直径7cm×高さ4.2cm飴釉(あめゆう・あめぐすり) 木灰(もくばい)、藁灰(わらばい)、長石(ちょうせき)、あか粉などを調合したもので、飴色に発色する。     …こちらに詳しく書かれてあります…鎬(しのぎ)の事は、こちらに少し書き留めてあります。宇田康介氏の器は、...

  •  -
  •  -

器遊び^^

               杉山寧啓(すぎやま やすはる)氏の器         ~粉引き 割り山椒(わりざんしょう)豆鉢~ 杉山寧啓氏  信楽(滋賀県)にて古谷信男氏に師事し修業されて、  笠間(茨城県)で独立をされた作家。  こんな料理?(お菓子)を入れる為の器ではないのかもしれませんが^^;  形があまりにもかわいいので、自由気ままに楽しんでいまス^^  口径約 5.5cm 高さ 3.5cmほどの小さな...

  •  -
  •  -

西端春奈(にしはたはるな)さんの器

    西端春奈さんの器に出会ったのは、ネットショップでお買い物をし始めた頃。  なにかしら素朴な、趣のある、やさしい感じが伝わってきて。  季節、季節の草木や花、動物など、  器に描かれている絵に、心が和み…  先日の十五夜にふさわしい器があったので、  上の写真のように、和菓子をのせて、いただきました。  以前は、気になる器があっても、  「ネットショップでお買い物は、あまり…」と思っていたので...

  •  -
  •  -

焼締(やきしめ)の器

       「器」の事を、しばらくぶりに書こうと思います。    時々、お料理を盛り付けては撮っているのですが、    上手に撮ることが出来ず(ノ_・、)シクシク    それでも頑張って書いていこうと思いまス。    これは「焼締(やきしめ)」と言われる器です。    『焼締』       信楽や備前など、釉薬を掛けずに、陶土をただ焼いただけのものをいう。      高火度で長時間焼くため、土中の鉄分が赤...

  •  -
  •  -

What's New