西端大備氏の器

  27, 2010 13:05
西端大備氏 線文皿 1 小
             西端大備(にしはた だいび)氏の器
                   ~線文皿~

 西端大備氏の器は、この線文皿しか持っていませんが、不思議に惹かれる器です。 
 この、藍色というのでしょうか、深い海の色。
 そして、そこに描かれる白い線文。
 波間を漂い、ここに辿り着いたの?と^^
 とてもモダンな感じでありながら、
 古来から、ひっそりと受け継がれてきたのでは、という気さえします。
 最初は、お料理を盛り付けて見るまで、ドキドキしていました。
 この線文模様が、お料理をどのように引き立たせて?くれるのか、と。
 でも、この器は、そっと、やさしく、受け入れてくれました。

西端大備氏の器   1 小
 直径24.5cm、高さ2.5cmくらいの器。
 魚の盛り合わせも、より一層、美味しそうに見えて^^
 「海からの贈り物」…この線文皿を、このように、ひそかに?命名。ナンテ^^;

  ~大備氏は、この間 blog に書きました、西端春奈さんのお兄様、との事。
    別の記事に、大備氏の「線文鉢」を up しています~

li52.gif

土筆の卵とじ 1 小
       『土筆の卵とじ』

  先日、土筆をた~くさん頂き^^
  昨年同様、卵とじにして、
  食しました(*^^*)
  ここに再度、作り方を^^

 土筆は、はかまを取り、一晩水につけておきます。
 (その間、3回くらい水をかえています)
 沸騰したお湯に入れ、さっと茹でてから(茹で過ぎないように)
 ざるにあげておきます。
 フライパンで炒め(ごま油 + 米油←りん風^^;)
 酒、だしの素、お砂糖、醤油で味付けして、
 最後に溶き卵を回しかけて出来上がり^^
 土筆の食べ方・下ごしらえは、こちらにも書かれてあります。

 小さい頃、近所に住んでいた同級生の子の家に遊びに行った時に、
 その子のお母さんが作ってくれた「土筆の卵とじ」
 その時初めて食べたのですが、多分、頭の中で、???状態だったような^^;
 大人になってから?この、素朴な味が分かってくるのでしょうか^^?

    …拍手を、どうもありがとうございます m(_ _)m
     拙い文ですが、心に響いてくれたなら、
     とても嬉しいでス ^^…



 追記 … (2010.10.18.)
   お世話になっております器屋さん、
   『MONO STYLE』さんのH.P.へ、いつものように訪れていて、
   西端大備氏の訃報を知りました。
   10月12日に、急逝されたとの事。 -記事-
   しばらくの間、PCの前で呆然としていました。
   西端大備氏の器に心惹かれるようになったのは、まだ最近で、
   これから、少しずつ手元に、と思っておりました。
   いろいろな想いが押し寄せてきますが…
   謹んでご冥福をお祈りいたします。

     
関連記事

What's New