太陽 … その5

  24, 2011 13:41
太陽 1 小

 みなに不思議がられるくらい、太陽を描いています。
 「なぜに? そんなに?」と聞かれると、
 返事に窮してしまいます。
 
 2010年4月、スペースシャトル「ディスカバリー」に、
 山崎直子さんが搭乗した時に届けられたウェイクアップコールは、
 『瑠璃色の地球』 by 松田聖子 でした。
 先日も、ウェイクアップコールの事を書きましたが、
 「宇宙からウェイクアップコール」で、映像を見た時に、
 また 胸がいっぱいになってしまいました。
   … 夜明けの来ない夜は無いさ … 
 今までも、よく聞いていたことばなのに、心に沁みて …
 また、描きたくなって描いたのが、上の写真です。  
 手前は地球です。
 東北地方にさんさんと光が降りそそいでいるイメージで、描いています。

 下は、何日か前に書いた絵です。
 上の写真と似ていますが ^^;

太陽 2 小


8.gif

 あの日を境に、
 多くの人の、いろいろなことに対する意識が変わったような気がします。 
 そして、今まで、こんなにも「日本」という国を
 意識したことが無いような気がします。 
 今も、避難されている方々のこと、原発の状況を見ると、
 いたたまれない気持ちになります。
 それでも、時々、いろいろなことを思い浮かべながら、
 「必ず すべてが良くなっていく!」 と、心の中で祈っています。
 1日に1回でもいいから、そういう風に思っていると、
 きっと伝わっていく、と、そう信じています。

 
女の子の小さな宝物「ずっとなくさないように」
産経新聞 4月23日(土)21時20分配信


宮城県石巻市立渡波(わたのは)小学校を取材していたときのことだ。
同校は校舎1階が津波にのまれながら避難所となっており、
その日、男性タレントや女性歌手が慰問に訪れた。
「本物だ!」とサインをせがもうとした子供たちは、案内役の職員に
「時間が限られているのでできない」と拒まれた。

 一人の少女はがっかりした表情を見せたが、
恥ずかしそうに「サインして」と記者に近づいてきた。
「有名人じゃないんだよ」と説明しても「いいの、集めるのが好きだから」と、
真新しいドラえもんの表紙のノートを差し出した。

 支援物資でもらったのだろう。
パラパラめくってみると、どのページも真っ白だった。
1ページ目にぎこちなくサインした。
「大事にする」。
顔を赤らめながら少女は言った。胸が痛んだ。

 「いいもの、見せてあげる」。
別の日、校庭で声をかけた4年生になる別の女の子は、
和紙でできた花柄の小箱から金色の2つのピンバッジを取り出した。

 「アメリカの人が私と弟と友達にくれたの。
『日本中で3人しか持っていないから自慢できるよ』って」。
行方不明者の捜索やがれき撤去のため
学校周辺に入っていた米軍の一人から去り際に贈られたという。

 「弟のも持ち歩いているの。ずっとなくさないようにね」。
がれきから見つけたという小箱に、大事そうにバッジをしまった。

 女の子は津波で親友を亡くした。
「学校に入って最初に話しかけてくれた友達。
一緒に登校したり、勉強したりしたのに…」。
自宅も流され、体育館で避難生活していたが、新しい友達もできた。
4歳の女の子で、体育館で姉のように寄り添って絵本を読んであげていた。

 4月から別の学校へ転任が決まった女性教諭は子供たちに語り掛けた。
「地震でたくさんのものを失いました。
大切な人、おうち、思い出の品。
でも優しい心、大切な気持ちはなくなりません」

 被災地の人たちは本当に多くのものを失った。
それでも笑顔を絶やさず、新しい宝物を見つけ出そうとする子供たちがいる。
長く困難な道かもしれないが、復興に向かう被災地を見つめていきたい。
子供たちが教えてくれた大事な何かを、ずっとなくさないように。(桜井紀雄)

 … こちら より引用 …
関連記事

What's New