「アルプス乙女」で … カップケーキ

  22, 2011 09:07
「アルプス乙女」のカップケーキ 1 小
              * ‘ Alps Otome ’ Cup Cake *

 今年もまた、お店で出合ってしまった 「アルプス乙女」 のリンゴたち ^^
 やはり 手が伸び ^^;
 
お菓子を焼いてお茶をいれて―私のおやつ時間お菓子を焼いてお茶をいれて―私のおやつ時間
(2008/06)
本間 節子
商品詳細を見る
 
 ↑ こちらの本に掲載されている、
 「はちみつリンゴケーキ」 を焼いてみたいナ、と思ったのですが、
 「アルプス乙女」 をニンマリしながら ^^; ずっと眺めていたら、
 この かわいらしさ、愛らしさを、
 うんっ! と引き出すことが出来るようなお菓子を作ってみたいナ、と ^^
  (未だ 「お菓子作り」 初心者の域を脱出していない私なのに、
   大それた?目標を掲げてしまいました ^^;)

   「アルプス乙女」のカップケーキ 2 小

 「アルプス乙女」 の中に入れる生地の作り方は、
 上記の本に書かれてある作り方とほとんど同じです。
 リンゴは、多めに果肉をくり抜いています。
  … くり抜く時、底や側面に 穴など開けないように気を付けました …
 くり抜いたリンゴの果肉は、その場で、即座に 胃袋の中へ消えていきました ^^; 
   
 材料を書きとめておきますネ ^^
  … 「アルプス乙女」 以外が、生地の材料になっています。
    生地は、少し余ります …
  
 材料
  ・アルプス乙女 … 6個
  ・卵 … 1/2個
  ・お砂糖 … 20g
  ・はちみつ … 5g
  ・薄力粉 … 30g
  ・シナモンシュガー … 適宜
  ・バター … 30g
  ・ヨーグルト (豆乳ヨーグルトにしてみました) … 8g
  ・ベーキングパウダー … 5g
  ・ラムレーズン … 適宜

 生地を、アルプス乙女のカップに、八分目まで流し入れました。
 「蓋」にした部分は、じく (果梗…かこう) が焦げないよう、アルミで覆っておきました。
 オーブンシートの上に、バターを塗っておき、
 その上に、カップと、蓋を並べ、
 180℃のオーブンで、約 30分 焼きました。
 焼いている途中で、「ラムレーズンを生地の上にちょこんと乗せたい」 と思い、
 オーブンを開け、手早く ?^^; ちょんちょんと乗せています ^^
  
   「アルプス乙女」のカップケーキ 3 小

 家にアイスクリームがあったので、食する時に添えて、一緒にいただきました。
 焼リンゴ系は、絶対! と言っていい位、アイスクリームと合いまス ^^
  … いただく直前に、「アルプス乙女」 をレンジで温めています …
 アルプス乙女は、焼くと、皮の部分が少し固くなり、
 カップとしては十分 機能を発揮?するのですが、
 もしかしたら、人によっては、皮の部分は 苦手 かも ^^;
 そして、とても小さいケーキですが、
 フォークとナイフ 両方必要かもしれません ^^;    
  
 ↓ (下) の写真は、断面図です。
 果肉の色が、また 味わい深い色になっています。
 生地も、とても美味しく ^^
 少しですが、友人にも食していただき ^^ 好評でしたョ ^^ 

「アルプス乙女」のカップケーキ 4 小

 … 昨夜は、やさしく降る雨の音に心和み ^^
   「オリオン座流星群」 は、今夜から明日にかけてがピークのよう。
   見れるかナ ?^^ … 

    … 拍手を、どうもありがとうございます m(_ _)m
     とても嬉しく (*^^*) 
     励みにもなっています ^^ … 
 
関連記事

What's New