お正月

  06, 2012 13:02
  2012. おせち 小
   毎年、「おせち」 をいただくと、
   除夜の鐘の音を聞いた時とは また違って、
   新しい年になった事を改めて実感します。
   今年、ちょっと驚き、嬉しかったのが、
   弐ノ重に 「氷頭(ひず)なます」 があったこと ^^
    … 上の写真、一番手前?の、いくらがのっているもの …
   昨年、宮城の親戚の人から「鮭」が届き、
   とても貴重だと言われる、この氷頭を初めて食し、
   感謝しながらいただいたことを思い出しました。
   「お品書き」 も up ^^ こちら ↓

「おせち」お品書き 2 小「おせち」お品書き 1 小

 <壱ノ重> 霜降り松阪牛しぐれ煮 海老姿焼 干柿杉板巻 栗甘露煮 
      銀ひらす白醤油焼 黒豆・金箔 田作り 梅麩 紅白膾 
      酢取花蓮根 蒟蒻旨煮 菊花蕪 蕗含ませ煮 
      伊達巻 黄金金団 葉付金柑

 <弐ノ重> 穴子八幡巻 いくら 棒鱈煮 蓬麩オランダ煮 松笠慈姑
      花蓮根田舎煮 梅麩 青お多福豆 鰊昆布巻 氷頭なます
      鶏照り焼 栗松風 笹大福 数の子醤油煮 パイ貝旨煮
      椎茸甘露煮 海老芋白煮 梅花人参 万年蛸 烏賊松笠一味焼

こうして書き留めていると、
なにかしら高貴な、
「宮廷料理でもいただいたのかしらん?」 と錯覚しそうな、しなさそうな ^^;

そして、下の写真は、年末に届いたものです。
昨年暮れ頃、親戚の方に「マフラー」を編み、
母の方から送ってもらったのですが、
とても喜んでくれたらしく ^^
そのお礼に、と。
あのマフラーは、
本当に微力ですが、私に出来ることをしていきたかっただけで …
気を遣わせることのない様、
これからも、何かしていきたい、と …

親戚から届いたもの「笹かまぼこ」 小

   banner_tyu.jpg
昨年までは、普通に?届き、
普通にいただいていた 「笹かまぼこ
あの大震災(3.11)があって、しばらくしてから、
笹かまぼこが危ない、という事を知り、気になっていましたが、
こうして、この 笹かまぼこ を目の前にして、
大勢の人達の絆、あたたかな、大きな気持ちが伝わってきて、
小さいながらも、復興の足音が聞こえてくるようでした。

   100.gif

そして、昨日(1/5) 愛知県の 『熱田神宮』 へ、初詣に行ってきました。
私の住んでいる所は、午前中、ぼた雪(牡丹雪)が降り、
雪だるまが作れそうなくらい積もっていて、
「また、家から出られない?」と心配でしたが、
午後からは、たっぷりとあたたかな日が射し ^^
熱田の杜は、大勢の参拝者が訪れていながら、
いつも、不思議な静寂感がただよっていて、
何かしら、そっとやさしく包み込まれているよう。
そんな中で、願い、感謝し …
身の引き締まるような想いで、お参りしてきました。
関連記事

What's New